糖尿病・高脂血症・痛風など、生活習慣病の予防・治療

生活習慣病はかつて成人病と呼ばれ、生活習慣(食生活、運動、飲酒、喫煙など)と関係が深いことからこう呼ばれています。

生活習慣病に関連した病気

高血圧症、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、肥満症、メタボリックシンドローム、痛風(高尿酸血症)などがあり、さらにこれらが狭心症・心筋梗塞、心不全、脳卒中、腎不全などにつながっていきます。

当院の治療方針

上記に記した病気は現代の食事、喫煙などが原因として大きく関係しています。特に糖尿病の管理は非常に重要で、いわゆる予備軍と言われている方々に対しても適切なアドバイスをいたします。内服治療、インスリン治療、HbA1c院内測定も可能です。お薬も大事ですが、栄養指導、禁煙指導にも力を入れていきます。